忍者ブログ
Admin*Write*Comment
競艇に萌えたっていいじゃない
[1931]  [1930]  [1929]  [1928]  [1927]  [1926]  [1925]  [1924]  [1923]  [1922]  [1921
新鋭王座、なんだかすごいことになっちょりますね。
ここんとこ毎年、事故多いなーって印象あったけど、
今年もまた派手にやらかしてますなぁ(;´Д`)

つーか、芦屋の減点キビシ過ぎない~?

そういう場だから、しょーがないのかもしれんけどさ。
GIですら事故&減点多発だもんな・・・(※去年の2月の記念戦参照)
審判員が鬼過ぎるのかもしれん。

まあ、そんなところ全部をひっくるめて、
『これが今の新鋭王座』なんだと受け止めるしかありませんな。
だって、近い将来、この子達がGIやSGでブイブイいわせるわけよ?
新鋭の期間なんて、ホントあっという間なんだから!

と言いつつも、フォトギャラリーの幼い表情を見るにつけ
「ホントに競艇の未来、大丈夫なのかねぇ」と不安になってみたり……

個人的な感想としては、ムー師匠の秘蔵っ子が可愛いくらいかねぇw
髪型が鬼太郎みたいなのでいただけないけど(;´ω`)
どうせならV6のみやけんみたいな髪型を目指せば似合うと思うよ!よ!


それよりドクター!(゚Д゚)/
頭の中を紫のニッカポッカなワイシャが通過していくんですが、
どうしたらこの妄想は収まるんでしょうか?!
自分の事ながらとても心配です!
おかげで花束は紫のイメージが定着しちゃいました!!
間違いなくその妄想が原因だと思うんですっっ(><)


ワイシャF休みでヒマなあまりおかしいですがキニシナイ(゚ε゚)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
  • 黒色
無事故防止策? 2012/01/26(Thu)00:57:01 編集
無事故完走が叶えば予選突破出来そうな勢いで減点&賞除の嵐ですよね…
何だかなーと思いますが、オートの事故があったばかりだからかなぁとも思いつつ…

闇雲に攻める若手のレースは危なっかしい反面、
記念戦線の枠なり至上主義&イン最強主義より見る分には面白い気しますね(^^;)

SGでもあれくらい闘志むき出して優勝争いしてくれても良いと思うんだ…
  • 無題
黒色 2012/01/26(Thu)21:48:48 編集
前述、名前とタイトルが逆でした;

今村組の持ってる王子、水神祭おめでとうございます(^^)
  • (´ω`)ゞ
2012/01/27(Fri)00:35:49 編集
新鋭らしいレースって言えば、確かにそうなんですよね。
逆に言えば、年齢の近いもの同士おもいっきりやりあえるのも
新鋭王座くらいしかないですからね~。
観てるだけなら「もっとやれ!」って感じかな、とw
さすがにGI以上は、レースを壊せないとか考えちゃって
どうしても守りに入った走りになってしまいますしね。
今しか出来ないことは、今やって欲しい。
なんとなく、そう思っちゃいますよね(´ω`)

そして末弟、水神祭キタコレヾ(´▽`)ノ
どんどん強くなっていって欲しいなぁ~。
そして東京に兄弟子共に来て欲しいですw
レースに燃えて 選手に萌えてる 素人ミーハーファンによる競艇徒然記★ 3897 白井英治選手をメインに応援中!
  • Calender
09 2017/10 11
S M T W T F S
18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
  • About
 ミーハー競艇ファン萬のつれづれ記録。
 現在は関門のホワイトシャークに
 激しくときめきモエる毎日ですw
 基本こっそりひっそりお楽しみ☆

 ◎燃え!萌え!選手(*゚Д゚*)
・80期の兄貴★ホワイトシャークこと白井英治
・みんなのネコ猫★ニャオこと秋山直之

 ◎愛で愛で選手(*´ω`*)
・銀河系ダービー王★丸ちゃんこと丸岡正典
・木更津ヤンキー★アキラこと作間章

 ※すべて敬称略で失礼します
 ※勝手な愛称が出てきても気にせずに…

  • Recent Comment
[05/12 萬]
[05/10 白鮫]
[05/05 萬]
[05/05 白鮫]
[05/04 萬]
[05/04 白鮫]
  • Monthly Archives
  • Search
  • Barcode
  • Admin
  • Counter
Copyright © 競艇に萌えたっていいじゃない All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]